Language
Scala Logo

リテール

リテール向け
デジタルサイネージソリューション

リテール向け
デジタルサイネージソリューション

Scalaは、安定性・柔軟性・使いやすさを兼ね備えた
プラットフォームを提供しており、デジタル環境を
実店舗に導入することで、現実世界とデジタル世界を
融合させた新しい環境の構築を支援します。
Scalaのリテール向けデジタルサイネージソリューションは、
店舗でのデジタル活用を最適化し、顧客満足度と顧客の
関心を高め、ロイヤリティを向上させ、ダイナミックな
マーケティングアプローチで、売上を促進します。
Scalaは、世界中の何千ものリテールのデジタルサイネージを支え、
実店舗のデジタル変革の波をリードしています。

代表的なユースケース

店舗への誘導

セールやイベント、ブランドの最新情報を
伝えるデジタルスクリーンをショップの
ウィンドウや店頭に設置することで、
顧客の
来店を促します。

マーケティングプロモーション

いつでも簡単に更新できるスケジュール
されたコンテンツで、重要なセールを
宣伝することができます。鮮やかな
イメージで注目を集めます。

商品のビジュアルを向上

新商品やベストセラー、人気商品に
スポットライトを当てることができます。
店内のタブレット端末は、商品の
デモンストレーションを行い、
商品のビジュアルを向上させ、お客様の
滞在時間を増やすために
使うことができます。

顧客のパーソナライゼーション

顧客の購買データを追跡し、顧客属性に
基づいてターゲット化します。そして、
パーソナライズされたメッセージを
画面上で配信します。

ダイナミックな経路案内

大型ショッピングモールでは、顧客の
利便性を高めるために、店舗情報を
掲載した経路案内のキオスクを
設置しています。

収益の向上

商品ディスプレイの近くに
デジタルサイネージを設置する
ことで、お客様にオプションの
商品を紹介したり、商品の
アップグレードを提案したりします。
クロスセル/アップセルの機会を
提供し、収益を向上させることが
期待できます。

リテール向けのソリューション

Scalaは、最先端のリテールサイネージソリューションを
提供しています。これにより、パーソナライズされた
ショッピング体験を生み出し、お客様のブランド意識を
際立たせ、顧客の関心を高めて、
売上を伸ばすことができます。

リテールでScalaが採用される理由

01.

安定と信頼

Scala エンタープライズプラット
フォームは、24時間365日安定
した信頼性の高いパフォーマンスを
提供するため、安心してデジタル
環境を作成し、展開することが
できます。

02.

柔軟性と拡張性

Scalaデジタルサイネージ
マネジメントソフトウェアは
柔軟性と拡張性に富んでおり、
プロジェクトの規模や範囲に
かかわらず、デジタル環境の
あらゆる面をカスタマイズ
することができます。

03.

無限にカスタマイズ可能

Scalaの強力なWebベースの
デザインツールで、魅力的な
デジタルサイネージコンテンツを
作成できます。フォントやスタ
イルをカスタマイズしながら、
独自の色や画像を追加することで、
ブランドの統一性を簡単に維持
することが可能です。

04.

ユーザーフレンドリー

コンテンツやプレイリストの作成
からスケジューリングまで、
Scalaは作成から展開までの
プロセスを簡単かつ直感的に行う
ことができます。複数の拠点に
あるスクリーンにメッセージを
配信するためのスケジュール設定も
簡単です。

05.

スマートなコンテンツ管理

デジタルサイネージソフトウェア
Scala Playerの高度な機能には、
スマートプレイリスト、
スケジューリング、ユーザー権限、
トリガーが含まれます。

06.

デザインの多様性

横向き、縦向き、ビデオウォール
用にもデザインできます。
コンテンツは自動回転や拡大縮小
が可能で、ディスプレイのサイズ
にぴったりと合わせることが
できます。

リテール向けの魅力的な
コンテンツを簡単に作成

Scala Designerは、直感的なインターフェイス、
デザインの多様性、ライブレンダリングにより、
コンテンツ制作が簡単にできるようになります。
テキスト、画像、グラフィック、ビデオ、
アニメーションを簡単に組み合わせて、
魅力的なコンテンツに仕上げます。

“Get closer than ever to your customers. So close that you tell them what they need well before they realize it themselves.”

– Steve Jobs

お問い合わせはこちら

Term 1

Term 2