Language
Scala Logo

食料品店

食料品店向けデジタルサイネージソリューション

食料品店向けデジタルサイネージソリューション

Scalaは、食料品店内にデジタル変革を取り入れます。近代的でインタラクティブなショッピング環境を提供するために、柔軟で安定した使い勝手の良いプラットフォームを提供します。

代表的なユーザーケース

集客力を上げる

店頭やショーウィンドウに、プロモーションやイベントを紹介するデジタルスクリーンを機能的に配置し、通行人に来店を促します。

店舗での体験をパーソナライズ

買い物客のデータを追跡し、想定した顧客属性に基づいてターゲット化します。パーソナライズされたメッセージが画面上に配信されます。

新製品告知と販売促進

一日のどの時間であっても簡単に更新ができるスケジュール化されたコンテンツで、新製品の告知や宣伝、販売促進を行うことができます。鮮やかな画像と美しいディスプレイで注目が集まります。

商品詳細情報の提供

デジタルディスプレイを利用して、食品の栄養価を表示したり、ユニークな食材をアピールするといった、食材の詳細情報を表示させることができます。お客様が健康的な食材を選びたいと考えたタイミングで、QRコードを使用すると、食品の出所に関する情報を載せるといったことが簡単にできるようになります。

商品棚検索や経路案内

スーパーの店頭に設置されたインタラクティブキオスクは、お客様が商品の場所を調べたり、特定の売り場や施設の行き方を探したりするための便利なツールです。

ダイナミックな在庫の統合と価格の最適化

食料品店のデジタルサイネージは、価格やキャンペーンをリアルタイムに伝えるとともに、現在の在庫量を表示したり、販売促進することで業務の効率化を支援します。

食料品店向けのソリューション

Scalaは、お客様のショッピング体験を向上させ、顧客満足度を上げることが期待できる食料品店向けサイネージソリューションを幅広く提供しています。

食料品店でScalaが採用される理由

01.

安定と信頼

Scala エンタープライズプラットフォームは、24時間365日安定した信頼性の高いパフォーマンスを提供するため、安心してデジタル環境を作成し、展開することができます。

02.

ユーザーフレンドリー

コンテンツやプレイリストの作成からスケジューリングまで、Scalaは作成から展開までのプロセスを簡単かつ直感的に行うことができます。複数の拠点にあるスクリーンにメッセージを配信するためのスケジュール設定も簡単です。

03.

柔軟性と拡張性

Scalaデジタルサイネージマネジメントソフトウェアは柔軟性と拡張性に富んでおり、プロジェクトの規模や範囲にかかわらず、デジタル環境のあらゆる面をカスタマイズすることができます。

04.

スマートなコンテンツ管理

デジタルサイネージソフトウェアScala Playerの高度な機能には、スマートプレイリスト、スケジューリング、ユーザー権限、トリガーが含まれます。

05.

無限にカスタマイズ可能

Scalaの強力なWebベースのデザインツールで、魅力的なデジタルサイネージコンテンツを作成できます。フォントやスタイルをカスタマイズしながら、独自の色や画像を追加することで、ブランドの統一性を簡単に維持することが可能です。

06.

デザインの多様性

o 横向き、縦向き、ビデオウォール用にもデザインできます。コンテンツは自動回転や拡大縮小が可能で、ディスプレイのサイズにぴったりと合わせることができます。

食料品店向けの魅力的なコンテンツを簡単に作成

Scala Designerは、直感的なインターフェイス、デザインの多様性、ライブレンダリングにより、コンテンツ制作が簡単にできるようになります。テキスト、画像、グラフィック、ビデオ、アニメーションを簡単に組み合わせて、魅力的なコンテンツに仕上げます。

“Everything starts with the customer.”

– Louis XIV

お問い合わせはこちら

Term 1

Term 2